スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「イルカの命は他の動物よりも尊いのか」追い込み漁問題・太地町出身弁護士の見方

1:名無しさん

海外の団体などから「残酷だ」と批判を受けてきたイルカの追い込み漁をめぐり、大きな動きが起きている。 和歌山県太地町の追い込み漁で捕獲したイルカを購入していることを理由に、世界動物園水族館協会(WAZA)が、日本動物園水族館協会(JAZA)の会員資格を停止し、除名通告した問題で、JAZAは5月下旬、WAZA加盟継続の賛否を問う会員投票を行い、加盟継続が過半数を上回った。 この投票結果により、JAZAに加盟している水族館は、海外の要望に同調する代わりに、今後、追い込み漁で捕獲したイルカを入手することができなくなった。 報道や各種資料によると、太地町でイルカやクジラの漁が始まったのは400年以上前で、追い込み漁は、昭和初期には始まっていたとされる。音に敏感な特性を利用して、漁師が複数の漁船から、金づちを使って、金属音を出しながら入り江に追い込み、網で捕獲するものだ。この漁が、WAZAから「残酷」だと批判された。 追い込み漁については、「イルカがかわいそう」と批判する声がある一方、「文化なので続けるべきだ」という声もある。反捕鯨団体が強く批判し、2009年には追い込み漁を批判的に描いた映画「ザ・コーヴ」が公開され、話題になった。 太地町で追い込み漁をしている「太地いさな組合」は今回の投票結果を受けて、「WAZAが残酷とする部分がどういう点にあるのかはっきり分からない」と語っているが、この問題をどう考えればいいのだろうか。太地町出身の坂野真一弁護士の見解を紹介したい。 ●追い込み漁の手伝いをしたが、残酷とは思わなかった 報道によれば、どこが残酷なのかという質問に対して、WAZAからは、明確な回答がないそうです。日本に対する欧米の価値観の押しつけではないかと思います。 私は、太地町出身で、子どものころ、父親が趣味で持っていた漁船に乗って、組合のイルカ追い込み漁のお手伝いをさせていただいた経験もありますが、残酷だとは思いませんでした。追い込んだ後、イルカを脅かしたり、いじめたりすることも当然ありません。 生き物を追い込んで捕まえる手法は、昔から人間がとってきた狩りの手法です。私自身、子どものころ、友人と川魚を追い込んで捕まえる遊びをやっていましたが、残酷であるという認識はなかったし、残酷だからやめるようにと叱られた覚えは一度もありません。 その後、学校帰りに魚市場でイルカやゴンドウクジラを解体するのを見ていたときに、つい「かわいそうだ」と思って口に出してしまい、無骨な漁師さんから「無駄にせんと、ちゃんといただかなあかんで、命をいただいたんやから」と突然、説教されました。 おそらく今回の事件は、捕鯨に関する問題も、背景に含まれているのでしょう。 人間は、生きていく上で、やむを得ず他の生物の命をいただいています。ニワトリ、牛、豚、魚、野菜もそうです。人間が生き物である以上、これは仕方のないことです。統計を見ると、欧米人の肉の摂取量は日本人よりも多いので、欧米人は、日本人よりも多くのニワトリ、牛、豚などを殺すことを容認していることになるでしょう。 その屠殺現場をどれだけの欧米人が目にしているのでしょうか。そこで殺されて食用にされる、ニワトリ、牛、豚はかわいそうではないのでしょうか。それらの命は、彼らにとっては命ではないのでしょうか。イルカやクジラは賢い動物だからという反論もあるかもしれないが、賢い動物の命がそうでない動物の命よりも尊いとなぜ言えるのか、私には分かりません。 ●文化は平等であるべきではないか 欧米のクジラ・イルカを偏愛する価値観も、昔からの伝統があるのものではありません。クジラをかつて鯨油目的で大量殺戮してきたのは欧米です。ペリーが浦賀に来航したのも、捕鯨基地の確保が狙いの一つでした。クジラを乱獲して、大幅な減少を招いてしまいました。 クジラに関する文献には「アメリカ式帆船捕鯨で欲しいのは、クジラの体全体からすると1割に過ぎない脂皮からとれる油だけである」「鯨皮以外の鯨肉、内蔵、骨はすべて捨てて、次の獲物を狙い航海を続けていった」(小松正之著「クジラ その歴史と文化」より)とあります。 日本の捕鯨では、クジラの脂肪・肉はもとより、皮・筋・髭に至るまでも利用してきました。自分たちが生きていくために命をいただいた生物に対するせめてもの礼儀だからです。クジラを供養する石碑も太地町にはあります。 18世紀には全米で50億羽もいたといわれるリョコウバトは、その美味な肉のこともあり、1914年に絶滅しました。塩漬けにして大量に輸送されていたと伝えられていることから、商売としても成り立っていたのでしょう。 仮に、鯨油が欧米諸国の産業発展に現在でも必要不可欠な状況にあったとしたら、おそらく彼らは、鯨油目的の捕鯨をやめていない可能性が高いと、私は考えています。 誤解を恐れずに極論をいわせてもらえば、彼らは自分たちの生活・商売に必要な生物の命は、それを利用することに何ら疑問を感じない。しかし一方、自分たちの生活に必要ない生物の命は、その生物が他の国の人間の生活に必要であったとしても、奪うことを許さないと主張する。 そこには、他国の文化を尊重する姿勢は一切ありません。むしろ、自らの価値観が正しく、その価値観に沿わない行動は野蛮だと決めつける、傲慢さが多分に含まれているように感じます。 そして、イルカ・クジラの保護は、彼らにとって愛すべき存在を愛すべき存在として見続けていたいという、彼らの都合に合致するものなのです。 こんな例え話を聞いたことがあります。 「ある女性の問題に関する世界大会が日本で開催されました。大会が終わり、開催地は温泉地でもあったため、各国の女性たちは大浴場で温泉につかり、疲れを癒していました。そこに、掃除の時間を間違えた旅館の男性職員が数名、うっかり木戸を開けて入ってしまった。 女性たちは、悲鳴を上げて手に持った小さなタオルで身体を隠しました。 ある女性は胸を隠し、ある女性は下を隠しました。だが、恥ずかしくて見られたくない!と一番大きな声を上げた女性が小さなタオルで隠したのは顔でした」 というものです。 顔を隠した女性を笑ったり、隠す場所を変えるよう強要することは、正しいのでしょうか。 各国にはそれぞれ、地域、人種、宗教等から創り上げられた文化があります。その文化は、人類の存続に危険を及ぼさない限りは、価値的には平等であるべきではないのでしょうか。 【取材協力弁護士】 坂野 真一(さかの・しんいち)弁護士 ウィン綜合法律事務所 代表弁護士。関西学院大学、同大学院法学研究科非常勤講師。著書(共著)「判例法理・経営判断原則(中央経済社)」。近時は火災保険金未払事件にも注力。 事務所名:ウィン綜合法律事務所 事務所URL:http://www.win-law.jp/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00003241-bengocom-soci


2:名無しさん
こういう意見は大事だけど欧州の人には伝わらない。どこかの番組でも言ってたけど、日本に足りないのは伝える力。もっともっとこういう意見を世界に発信していく必要があります。
3:名無しさん
事の本質を客観的に捕らえたいい文章だと思う。

外務省もこれ位はっきりと主張すべきである。
4:名無しさん
オーストラリアは「増えすぎた」という理由でコアラを大量虐殺してもイルカや鯨は守るんですね。
5:名無しさん
オーストラリアは増え過ぎたコアラやカンガルーを殺害してますが…ね。
6:名無しさん
温泉の例え話は必要ないと思いましたが、いい記事でした。
文化は平等
至言だと思います。
7:名無しさん
コアラの間引きは問題ないのか?
カンガルーは利口じゃないから食ってもいいのか?
矛盾が多過ぎるぞ、豪州人。
8:名無しさん
欧米人の考え方は、
『自分たちの行いは正当だが、自分たちの行い以外は不当だ!』
という!

基本的に人種差別的な考えが根底にある!
9:名無しさん
考え方、感じ方も人それぞれだし、難しい問題ですね。
でも、伝統文化は残したいな。
10:名無しさん
太地町からイルカを購入している世界各国の水族館にも意見を聞きたいですよね。
太地町のイルカは、体にキズがほとんどないことで有名なんです。
つまり、残酷な方法で狩り取られているわけじゃないんですよ。
11:名無しさん
知能が高く人との歴史も古い愛玩犬を食用にしているのはどうなんよ!
12:名無しさん
奇知苦飴公どもは黒人の命より尊いらしいよ。
13:名無しさん
正論過ぎてワロタ

翻訳して白人に見せてやってくれ
14:名無しさん
知能が高いから殺すなって主張してるけど、そういう理屈なら3歳児相当の知能を持つ犬を殺すのもNGだろって話。
人類の友や相棒として生きてきた時間も、犬の方が圧倒的に長い。
人と犬は1万年以上の付き合いがある。

犬食文化を持つ国に対する非難と比較しても、明らかにイルカやクジラに対する非難は度が過ぎてる。
イルカクジラの方にはどうせ裏で金が絡んでるんだろうが、はっきり言って主義主張が偏り過ぎてて到底支持できるものではない。
15:名無しさん
中国では犬を殺して食べるという。
残酷だと思っても我々はそれを邪魔しに行ったりしない。
16:名無しさん
当然の言い分だろうな。
ハンバーガーやホットドッグを食べてる欧米人は、
牛や豚を殺して、残酷だとは思わないのか。
17:名無しさん
というか無人機で平気で中東の市民を巻き添えに空爆しているアメリカには「イルカの命は中東の女性や子供よりも尊いのか?」と聞きたい。

動物保護団体はまず無人機空爆を一番非難すべきじゃないのか?特にアメリカの団体はな。人間だって動物だし、イルカ漁より遥かに”非人道的”だよ。イルカ漁を非難したケネディ駐日大使にも聞きたいな。

中東でたくさん無人の攻撃機に市民が犠牲になっているのに殺してもいないイルカ漁でああだこうだって命の価値の扱いがおかしすぎる。何かバカバカしい議論にしか思えない。
18:名無しさん
まさに、日本人の感性そのものの論理。
仏教やアジアのヒンズー教の精神から来ている。
命あるものは動物も全てが尊いがそれを食すること無しには
人間は生きていけない。
イルカやクジラだけが尊いとWAZAやシーシェパードは考えているように見える。
19:名無しさん
彼ら白人は、有色人種より上の、神に近い地位にいて、劣等な者に指導してやってると思っているから、どれほどの正論であろうと、受け入れないと思います。
20:名無しさん
>無駄にせんと、ちゃんといただかなあかんで
>命をいただいたんやから

子供の時は食事の際の「いただきます」の意味が分からなかった…。
今はこういう文化がある国で育ったことを誇れます^^
21:名無しさん
云っていることは理解するが、でも、他に食べ物がたくさんある世の中で文化だと云ってイルカを食べる必要はあるのだろうか?
今まで、いろんな文化が消滅して、また、文化なんて永遠不変なものでもないわけだから、イルカ漁が消えたからと云って、どれほどの文化的損失なのか?
22:名無しさん
もう宗教に近いからまともな議論はできない。
23:名無しさん
私はつい3年ほど前まで、仕事の関係で欧米を中心に20年以上海外で生活していたが、欧米では、イルカ・クジラというのは、海洋生物保護のある種の”象徴”になってしまっていて、イルカ・クジラは尊い生き物であって殺すのは非人道的である、という価値観が絶対的で、それはもはや論理よりも信仰だと感じる。
道理が通らない、噛み合わ無い、と日本人が感じるのはその為だ。
また、日本人がよくやってしまう議論=あなた方にそんなことを言う資格があるのか、あなた方もそういうことをやって来た、あるいは他の動物に対して現在も行っているではないか、という反論法は、欧米においては”確信犯の開き直り”と見なされ、逆効果になってしまうので止めた方が良い。
個人的には鯨ベーコンは大好物だが、世界のマジョリティはイルカ・クジラは殺してはならない、という信仰に染まってしまっているので、現実的には日本の言い分は通らないだろう。
24:名無しさん
やってしまう反論法とかではなく、それが日本の言い分ですし、筋の通らないことを言ってるわけではありません。
だからその主張を引っ込めたりやり方を変える必要はないと思います。

欧米に信仰のような風潮があるのはわかりましたが、向こうが日本の主張を開き直りとしかとらないのなら、こちらが向こうに合わせる必要もない。
結局平行線でしょうが、それでいいとも思います。
25:名無しさん
自分の考えと合わない者は攻撃し、排除。

これは欧米人の大嫌いなナチズムとほぼ同じ。

26:名無しさん
こういう考えを公の場で伝えても
欧米人は自分たちの考えが絶対だと思ってるから
考えを改めるってことはあまり無さそう。
率直に思ったこと「だけ」を大事にするんだろうね。
「ごちゃごちゃうるさい!かわいそうとは思わないのか!」の一点張り。
じゃああれは?これは?と考えない。
だから向こうの人間はいろいろと雑なんだよなあ・・・
27:名無しさん
動物差別をしているだけだよね
28:名無しさん
文化継承って言うなら、格好や船なんかも古来のものでやってみろっての。

結局希少な産業にしがみついてるとしか見えない。

イルカの命が尊いかって?結局”かわいい”とか、一般的(世界的)に食用として定着してないとかの価値観で見られるのは人間なんだから仕方ない。
命の尊さなんて、そもそも答えれる奴なんていないだろ。神様じゃないんだから。

ボートで入江に追い込んで海を血で真っ赤にしてれば、「残酷」と思われるのは当たり前だろ。。
29:名無しさん
イルカが!鯨が!野生動物が!

うるせぇよ

お前ら汚ねえ銭集めてるだけの人種差別主義集団だろうが!
30:名無しさん
捕鯨やイルカの追い込み漁を批判する彼らは牛も豚も鳥も魚も食べていないのだろうか?それなら批判する資格はあると思うが。鯨が絶滅危惧ならば獲るべきではないし、コアラの間引きもやめて欲しいと思う。ユーカリの樹を植えることはできないのか?
31:名無しさん
根拠とかは別にないんだけど。

日本は島国ゆえ、井の中の蛙になることを恐れて、世界は広い、自分たちよりよっぽど優秀だったり、思いつかない考えを持った人たちがいるのかもしれない……そんなふうに考えるようになって、それが巡り巡って、今の日本人の仕事の正確さや協調性、客観性に繋がったのかなぁと、最近よく思います。

他の大陸だと最初から異国があるのはわかってるから、当然最初に生まれるのはライバル意識だよね。
だから、自分たち一番、他に負けてなるものか!で、よそを尊重するのは客観的なのではなく負けだと思ってる。

乱暴な意見かもしれませんが……いや、日本人でよかったです。
32:名無しさん
イルカ漁反対!




オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ 2015/06/14 11:29 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。