スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<安保法制>小林節教授「狂った政治は次の選挙で倒すべき」 長谷部教授とともに批判

1:名無しさん

衆議院の憲法調査会で「集団的自衛権の行使は違憲だ」と発言し、大きな波紋を呼んだ憲法学者の長谷部恭男・早稲田大教授と小林節・慶應大教授が6月15日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見した。2人は政府が国会に提出している安保法制について「撤回すべき」だと声を揃えた。 長谷部教授は、安保法案を撤回すべきだという理由について、「核心的な部分、つまり集団的自衛権を容認している部分が、明らかに憲法違反だからであり、かつ、違憲の『他国軍隊の武力行使と自衛隊の一体化』をもたらす蓋然性も高いからです」と話した。 小林教授は「違憲というのはもちろんですが、憲法違反がまかり通ると、憲法に従って政治を行うというルールがなくなって、北朝鮮みたいな国になってしまいますね。金家と安倍家が一緒になっちゃう。これは絶対に阻止しなきゃならない」と指摘。「安倍さんの言うとおりにしたら、日本の自衛隊はアメリカの軍隊の二軍になっちゃって、日本は傷ついたうえに破産してしまいます。何一ついいことはないですね。撤回すべきで、撤回しないなら選挙で倒すべきだと思います」と語気を強めた。 ●「自民党の政治家には、基本的な知識が欠けている」 長谷部教授は、政府が閣議決定で集団的自衛権の行使を容認したことについて、「集団的自衛権の行使が違憲だという結論は、長年にわたって、複数の政府機関が徹底的で入念な熟議を経て出されたものです。こうした成果が、時の首相の好みで変更できるなら、政治権力を制限するという憲法の役割は消失してしまう。憲法条文のどんな解釈でも可能ということになってしまう」と、危機感を表明した。 また、1959年の砂川事件の最高裁判決が集団的自衛権の根拠になっているという、高村正彦自民党副総裁の主張については「誤った理解です。ほぼ全ての憲法学者が、この点では私を支持してくれると思います。砂川判決の中では、日本の集団的自衛権行使については、全く争点となっていません。判例の重要性は、その裁判所がどんな争点について判断をしたのかを前提に、評価されるべきです。自民党の政治家には、この、法についての基本的な知識が欠けているように思えます」と述べた。 小林教授もこの砂川判決に触れ、「戦争というのは国の存続に関わる大問題ですから、選挙で選ばれていない最高裁判所の15人の裁判官が決めるわけにはいかない。一次的には、選挙で選ばれた国会と内閣が決める。だけど、最終的には主権者国民が決めると(判決は)言っているんですね。だから、ああいう狂ってしまった政治は、次の選挙で倒せばいいんですよ」と主張した。 ●日米安保条約の新ガイドラインには「法的拘束力がない」 外国人記者から「集団的自衛権の具体的なシナリオを政府が出さない理由は?」と問われると、長谷部教授は「政府が具体的な例を想定しているかも、私にはわかりません。イランとアメリカとは友好的な関係に向かいつつあり、ホルムズ海峡がブロックされることも具体的にはイメージしにくい。集団的自衛権が行使されること、それ自体が目的なのではないかと考えています」と答えた。 また政府は今年4月、安保法制の国会提出に先だって、日米安保条約の新ガイドラインを制定し、アメリカに対して集団的自衛権の行使を約束している。このことについて、長谷部教授は「ガイドラインで、できるかできないかもわからないことを先に約束するのは、大変リスキーな選択だったと、私は考えております。最近のガイドラインの内容は、元々の日米安保条約の枠組みをはみ出しているはないかという批判もあります。従いまして、安保法制が成立しなければ、日米間の関係が悪化するかもしれませんが、それはもともと無理な約束をした方にその原因があると思います」と指摘した。 もし新ガイドラインを守れなければ、日米関係が悪化するのではないかという質問も出たが、小林教授は「私は日米関係は悪くならないと思います。日米の官僚は大変頭がいいですから、ガイドラインには法的拘束力がないことを知っています。ガイドラインの上に法律があり、その上に憲法がある。このことを知っていますから、やっぱダメだったなで済むんじゃないですか」と回答した。 ●安保法制もし成立したら? 自民党の高村副総裁が「憲法の番人は、最高裁であって憲法学者ではない」と述べたことや、これまで最高裁は政治的な事案について憲法判断を避ける傾向にあった点などをふまえて、記者の質問は法律が成立した後の裁判についても及んだ。 小林教授は、法律が成立した場合に備え、すでに訴訟の準備を始めているとして、次のように述べた。 「法律が有効になった瞬間から、いままで日本になかった戦争の危険、海外で戦争する危険が具体化するんですね。平和に生きる権利が憲法前文と9条で保障されているならば、法律ができた瞬間から権利が犯されたという理解をして、国民誰でも政府に対して『違憲行為で平和が傷つけられた』という訴訟を考えています。ただ、かなり技術的には難しい。 その次の段階は、具体的に海外派兵の命令が下ったとき、その部隊の一員がそこから逃げ出して、懲戒処分を受けた場合、それが違憲無効だと訴える。 一番悲劇的なのは実際の海外派兵で死んだ人がいた場合、その遺族が、違憲な戦争で家族が殺されたと訴える。この準備を我々はすでに始めております」 長谷部教授は「最近、最高裁は変化をしつつありますので、今までと違った態度を取る可能性があると思っています。ただ、他方、裁判所に頼りすぎるのも良くない。まず、次の国政選挙で、新しい政府を成立させて、いったん成立させたこれらの法律を撤回させる、元に戻すということを考えるべきだと思います」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00003247-bengocom-soci


2:名無しさん
国防必要なのに、憲法をたてに攻撃ですかー。

そりゃ隣の国は大喜びですなー。

で、違憲というなら憲法改正出来るようにすべきと言わないのですか?
3:名無しさん
国防政策とて憲法の枠内での事。

現在の憲法では効果的な国防政策を実施できないなら
まず憲法改正を論ずるべきである。
(長谷部も小林もその立場である)

この様な立憲主義,法治主義の当然の原則を
政策上の必要性を根拠に無視しようとするから
各方面の非難を浴びるのである。
法治主義の国日本を守るために
法治主義を放棄する,などというのは
本末転倒の極みである。
もっとも,安倍君以下政府首脳が
日本は法治主義の国でなくても良いと考えているのかも知れないが
だとすれば外敵より
まず安倍君以下政府首脳こそが日本国民の敵だと言えよう。
4:名無しさん
国民主権なんていうけど、憲法主権だね。

憲法が神様なんだね。

絶対憲制。(笑)(^^)v
5:名無しさん
民主は民主で尖閣の漁船衝突事件で隠蔽をしていましたし、共産は共産で自衛隊と天皇制を無くしたいそうですしねぇ…公明党は論外ですし。
6:名無しさん
なら聞きたい!今の法律は今の時代に合ってると言えるか?周りに危険あるのに、備えないのが正しいのか?時代遅れの老学者は黙れ。 
7:名無しさん
長谷部も小林も改憲自体は否定してないんですが。
8:名無しさん
本当に。
どうすればいいかを言わないよね。
9:名無しさん
狂った学者も消え去るべき。
10:名無しさん
こいつら国民の命より憲法が大事なんだな
違憲だと思うなら憲法改正を訴えたら良いんじゃない
11:名無しさん
小林教授は、
以前から、解釈改憲という手抜きしないで、
憲法9条を改憲して正面から自衛隊を認めるべきと
それが立憲民主主義から当然だと
あらゆる場で主張していますよ。
12:名無しさん
学者さんなんですから、私は違憲と判断する、だけでいいんじゃないでしょうか。

法案を通すかどうかは国会の話で、先生方の出る幕ではないと思いますが。
政治に口を挟むことで、かえって先生方の意見の信ぴょう性が疑わしくなりませんかね。
13:名無しさん
倒すにしても、どこへ投票すればいいんだ?

まさか、民主党に入れろとは言わんよな~
14:名無しさん
ここは一番共産党だろうね!
15:名無しさん
と、教授は暗におっしゃっています。
16:名無しさん
活動は自由だからね。現実がそうなるかは不明だが。
17:名無しさん
どうせ訴えても、最高裁は政治的判断に、口は出さないよ。
だから左翼の憲法学者は悔しがってこんな会見を開くのです。
防衛する権利は、自然法ですからね。それを否定する奴らは頭がおかしい。
18:名無しさん
では 憲法改正しようぜ
19:名無しさん
安倍はバカ。
20:名無しさん
これが本心で憲法云々は二の次なのでしょうねw
21:名無しさん
自衛隊も違憲ですか?
22:名無しさん
いろんな意味で、次の選挙が、楽しみです。
23:名無しさん
だったらなぜ憲法改正すべきという声はあげないんだ?
法律の専門家なら当然そこに言及すべきだと思う。
国民にもっと決定権を与えるべき
選挙のときだけ政治に参加して、あとは丸投げするしかない悲壮感ただよう日本の政治では国民の政治意識は育たないでしょう
国民投票やらない、国民に憲法改正させないではね
24:名無しさん
>だったらなぜ憲法改正すべきという声はあげないんだ?
>法律の専門家なら当然そこに言及すべきだと思う。

小林教授は、
以前から、解釈改憲という手抜きしないで、
憲法9条を改憲して正面から自衛隊を認めるべきと
あらゆる場で主張していますよ。
25:名無しさん
小林は改憲が従前からの所論だし
長谷部も改憲に必ずしも否定的ではない。
国会に呼ばれて聞かれた事は
当該立法の憲法適合性だけだから
違憲です,と述べてきただけ。

その後,政府与党が火病を起こして
法治主義の建前すら無視しかねまじき暴挙に及ぶ姿勢を見せてるから
そんな政府なら法治主義の敵だから
潰れてしまえと
これもやはり当たり前の事を言っているだけ。
政府与党が初めから堂々と
改憲案と共に法案を出していれば
良かっただけの事。
26:名無しさん
何が言いたいのかよくわからんが早い話
安倍さんは北の刈り上げと一緒って事か?
中朝露韓の首脳よりはまともに見えるけどなぁ~
27:名無しさん
この人らは憲法は専門家かも知れんが安全保障に関してはド素人なんだろ?その点はどうなんだ?
28:名無しさん
徐々に憲法が国民を護れない状況になってきているのですよ。
憲法と心中するつもりですか?
29:名無しさん
そもそも憲法学者などいらんやろ!
30:名無しさん
>「狂った政治は次の選挙で倒すべき」
賛成です!
31:名無しさん
ここまで言うならこの学者が立候補すればいい。
32:名無しさん
小林「変」節教授。
33:名無しさん
安倍はアメリカの犬だから、さっさと打倒した方がいい。
34:名無しさん
「狂った政治は次の選挙で倒すべき」って・・・そこまで言うならテメエが選挙に出ろ!但し当選出来なくても屁理屈こくなよ!
35:名無しさん
そのとおり!!!!
前回の選挙で売国民主の息の根を留めることが出来なかったのが最大の間違い。
この次の選挙こそ売国民主の当選者0を目指してがんばろう!!!!
36:名無しさん
自民党倒したらどこに投票するの?
民主党? 共産党? 社民党? 山本太郎の党?
(笑) 自民党以外維新くらいしかないんですよね。
37:名無しさん
日本を中国にあげられない、明け渡しが出来ないと素直に言ったら?
38:名無しさん
憲法の上に権威を築いて、上から目線で
胡座をかいて政府を壟断する。対案等なし。
挙句、国民に倒閣を薦めるなど、言語道断。

憲法学者の土井たか子、社会党系の弁護士が、
日本を何処に導こうとしていたか忘れたか。

39:名無しさん
お前等みたいな、さきがないにんげんがなにを言うのか。
未来は、若者に託せ。
40:名無しさん
取りあえず、根拠なき自虐的反日の人の発言は気持ち悪いものです。

そんなに日本が嫌なら日本から出て行けばいいのに。
41:名無しさん
学者は言うだけ言って、責任は負わないからな。所詮、学者ごときに日本は守れない。
42:名無しさん
憲法9条の解釈は
1947年吉田茂内閣の「自衛権行使不可」から、
1954年鳩山一郎内閣「自衛権行使可」と変更されている。
安倍内閣が初めてではない。
43:名無しさん
思考が停止した学者は
学会から出て行け。
お前らどこの国民だ?
憲法を護って日本を滅ぼすのか?
44:名無しさん
昔の自民党の政治家は限度をわきまえモラルがありましたが、安倍総理は社会通念上の常識に欠けてますよね!
45:名無しさん
憲法改正・国民審査しなさい。
46:名無しさん
政治家が専門的な知識がないとおっしゃるなら
じゃあ専門的な知識が豊富ならしいあんたたちだけで政治やれるの?ってなるよ
47:名無しさん
法案が成立しても、海外派遣に足るだけの兵力が自衛隊に無いことは無視するのが反対派のやり方なん。

小林氏何でも個別的自衛権と言うが、イラク戦争を個別的自衛権で説明するつもりか?
世の中、何でも簡単な話にして、煽れば良いわけではなかろう。
日本周辺の情勢は悪化したが、自衛隊は削られ続け、日本本土の警護に手一杯、集団的自衛権だ、邦人保護だと日本の警護に隙を作る事が抑止力なのか?
48:名無しさん
学者の政府高官或いは国会議員等を愚弄する発言があったとき記者団から嘲笑するかのような笑い声が上がった。この小林という学者は自国の政府高官が笑われて嬉しいのだろうか。
49:名無しさん
自民党が手配した御用学者ですら、法案撤回を言い出しました。

法治国家の日本なら当然ですね。

もしかすると安倍は、日本を法治国家ではなくて、アメリカの植民地と考えているのではないか?

それなら安倍の言動は全て納得出来ます。

安倍が言う、
戦後レジームからの脱却とは、法治国家からアメリカの植民地になる事なのですね。

なるほど、だから日本に不利なTPPも強引に進めるのですね。

安倍支持のネトウヨやネトサポが使う反日というキーワードは、自分の言動が反日行為と自覚しているからこそ使ってしまうのだろう。

愛国心があるなら、安倍を一秒でも早く総理から引きずり下ろすべきではないのですか?
自民党の皆さん。
50:名無しさん
ネトウヨ=判断力無し、、としたのが砂川裁判でしたっけ?
51:名無しさん
では、有事の際には貴方たちがゴムボートに乗って、お手手つないで軍艦を阻止してくれるのですね。期待していますよ。
52:名無しさん
少なくとも今の政権与党は安倍政権で、しかもそれは選挙で選ばれた結果なのに、何故か民主主義が崩壊してるとか言い出す連中がいる。
次の選挙でまた安倍政権が圧勝したら、この人達は何をどう言い出すのかが楽しみですが…
万が一にも自民党が負けて他の政党が政権を取った場合は、安保も経済も無茶苦茶になって民主党政権時を繰り返す事になりそうなので、そういう事態は本当に止めて欲しいと願います。
この手の人達がそれを目論んでるのが本当に怖いです。
53:名無しさん
そこまで言うなら、さっさと憲法を改正し、再軍備すべき。
日本の左翼は国を売り払おうとしている奴ばかり。
54:名無しさん
国民が判断した結果、現政権になった訳で。
55:名無しさん
憲法とは政治家など権力者が暴走しないために縛りをかける規範であり、権力者が国民に私たちは絶対に憲法を守りますというもの。日本は立憲主義国家なんだから憲法は何よりも尊重されるもの。今、多くの憲法学者が違憲という見解を出しているんだから、少なくとも議論は慎重に国民に分かるよぅに時間をかけなければならないのは明白。これを、もし政府与党が強行採決をしたら立憲主義否定だけではなく民主主義の明らかな否定だと強く感じる。
56:名無しさん
学者と名乗る政治活動家は、日本にもアメリカにもウヨウヨしている
んだなw
57:名無しさん
金ブタと安倍さんが一緒ってよく韓国人が言ってるやつだよな。
小林さんもちょっとサイコチックなところ有るじゃん。
58:名無しさん
安倍政権があまりにも異常だということだと思います。。。
59:名無しさん
憲法とは文字で人間を縛ることですか?
60:名無しさん
私は安保法案は違憲だと思わないので、この教授の意見には全く賛同できないが、次の2点(要旨)については同感だ。

1.国の大事を裁判官に委ねるわけにはいかないから、一次的には国会と内閣で決めるしかない。(野党やマスコミや憲法学者になんと言われようと、内閣は安保法案を通せばよい)

2.国会と内閣の決定がおかしいと思うなら、国民は次の選挙で倒すしかない。(できるものなら、そうすればよい)

それが民主主義の姿だし、民主党のように審議拒否や暴力に訴えるのはバカのやること。


>「戦争というのは国の存続に関わる大問題ですから、選挙で選ばれていない最高裁判所の15人の裁判官が決めるわけにはいかない。一次的には、選挙で選ばれた国会と内閣が決める。だけど、最終的には主権者国民が決めると(判決は)言っているんですね。だから、ああいう狂ってしまった政治は、次の選挙で倒せばいいんですよ」
61:名無しさん
共産党




オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ 2015/06/15 18:22 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。