スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「元少年A手記」読んでる人も悪いのか? 乙武ツイート機に議論勃発

1:名無しさん

 出版流通大手「トーハン」が2015年6月16日に発表した週間ベストセラーランキングで、神戸連続児童殺傷事件を起こした「元少年A」による手記「絶歌」(太田出版)が総合1位となった。太田出版、賛否呼ぶ「元少年A」手記について正式コメント 11日の発売後から賛否を呼び、被害者遺族からは回収要請まで出ていた同書。売れ行き好調の報を受け、作家の乙武洋匡さんが16日、ツイッター上である疑問を投げかけた。 ■「批判を向けられるべきは、著者と出版社『だけ』でいいのか」  乙武さんは「絶歌」の販売を自粛する書店がある中、同書が週間売り上げ1位になったと伝えた記事に触れ、「あれだけの批判が渦巻いても、フタを開けてみれば1位」とコメントした。その上で、   「批判を向けられるべきは、著者と出版社『だけ』でいいのか」 と問題提起した。  出版を巡っては「少年犯罪の加害者の心理を理解する上で社会的意義がある」と理解を示す声もあるが、被害者遺族に事前連絡しないまま出版に踏み切ったこと、顔も名前も出さず「元少年A」として出版したことなどが問題視され、批判の声が高まっている。殺害された土師淳くん(当時11)の父親は12日付で太田出版に文書で抗議。速やかな回収を求めていた。  それでも「絶歌」は回収されぬまま、トーハンの週間ランキングで堂々の初登場1位となった。インターネット上では不買運動を呼びかける動きまで出ていたほどだが、結果的には、多くの人々が同書を買い求めていたことが明らかとなった。  乙武さんのツイートでは、「批判を向けられるべき」他の対象が具体的に示されていない。問題を取り上げるマスコミ、同書を平積みする書店、もしくはこの1冊に大騒ぎする日本全体の風潮を指しているのかもしれないが、ツイッター上ではランク1位に触れる文脈から「購入者」と受け取った人が多かったようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150617-00000004-jct-soci


2:名無しさん
元少年Aと出版社が悪いに決まっているが
購入した人は批判されるまではいかないまでも
普通に引かれると思うが。
彼氏や彼女の部屋に行った時、書棚にこの本があったら引くだろ
3:名無しさん
ちなみに本には呪いがかけられているそうだ。購入者の親族は、不幸な死に方をするとかだろうかね。本に呪いをかけるとは古風な話だが、本当にそうなら、彼としては、非常に効果的な方法を選んだね。ブックカースって奴だね。
4:名無しさん
最後は個々の想像力、心の問題でしょうか…

この本を手にした時に、
その向こうに遺族の心情を汲み取ることができるかということ。

「この本を世に出してほしくない」という
遺族の深い哀しみを察することができれば、
決して読みたいとは思わないでしょう。
5:名無しさん
少なくとも遺族が納得して許すと言うまでは
この出版を認めたくはないので読まないし買いません
6:名無しさん
同感です。

出版社も、もう少年じゃないAも筋道を通すべき。

出版社は発売前にご遺族の許可を取るのは当たり前。疾しいとわかっているか、やったもん勝ちで済まそうとするか、どちらにせよ人の道を外している。
もっと正々堂々と出版すべきではないか?コンプライアンスを疑う。

もう少年じゃないAは、こんなものを出版したいのなら、まず名を名乗り顔をさらし、ご遺族の許可を取ってからすべきでしょ。
こそこそとこんなことをしているようでは反省しているようには思えませんね。犯罪前と何も変わっていない。

それと、この本が犯罪心理学者が読んで役に立つとも思えない。何故なら、人はそれぞれで永遠に犯罪は無くならない。
7:名無しさん
>pin*****

その通りかも。

今後何を考えているかわからない。
こいつを更生させるには、顔と名前を公表することではないか。
こそこそ出来ないようにするべき。
8:名無しさん
読んでる人がいるのはこうやって本が出版されているから当然だと思う。私は読まなかったし、読みたくない。
9:名無しさん
良し悪しの答えがあるか分かりませんが、遺族がこの本を出版され内容を世にさらされるのを嫌がっていたのは事実。
書いたヤツが悪い、出版したヤツが悪い、だけでは済まないと思う。買った人は少なくとも遺族の意思は無視したことだけは自覚しても良いと思います。
10:名無しさん
>買った人は少なくとも遺族の意思は無視したことだけ

そもそも遺族の意思について第三者が尊重する必要があるのかが疑問
せいぜい被害者と加害者の間の問題でしょ
世の中のありとあわゆる事件、興味本位で色々報道されてるけど、誰も遺族の意思なんて尊重してないじゃん

あんただってアホ面で殺人事件の報道とか見てるんでしょ
遺族の真意なんてほとんどの場合知りようもないからね
11:名無しさん
垂れ流される報道を受動的に見ているのと、金が加害者と出版者に支払われる事を理解しながら、能動的に金出して本を買うのとでは、雲泥の差があるように思いますがね

それに被害者遺族は真意を述べてますよ。
本を買った人間は加害者と出版者に金を渡したという訳です。
買うのは自由だが、私は軽蔑します。
12:名無しさん
賛否両論だって言ってるマスコミがどんどん宣伝してそのせいで売れてる。
問題提起するなら利益を慰謝料や寄付にまわすような法律を作れともっと政治家に圧力かけるような報道をするべき。
13:名無しさん
そんなの知るか。ただ、その手記が出されたことで、息子を殺された
人がまた苦しめられている。それだけで、その手記の出版を批判する
のに十分だと思うが。
14:名無しさん
自分は絶対買わないし読まない派ですが、買った人が何を期待したのかわからない。
サイコパスの心情など、どうやったって理解出来っこないと思いますよ?
15:名無しさん
淳君の事件を起こす前にも女児を殴打したり、小動物を殺していたはずだけど。
16:名無しさん
「人を殺してはいけない理由は今も分からない。
でもこれだけは言えます。絶対に人を殺さないで下さい。」

何を偉そうに。よくこんな文章が書けるよ。
もし自分が加害者だったら、申し訳なさ過ぎて口にも出せない。

頭のどこかで自分は凄いのだと意識してるからこそ
こんな言葉が出るんじゃないのか。
17:名無しさん
「人を殺してはいけない理由が分からない」と書いている時点で、全く反省の色が見られない。
こんな人が書いた本なんて、貴重なお金で買いたくない。
18:名無しさん
>「自由」をのべるためにはそれなりの責任を負わなければならないのも事実と思います。

中学生くらいのガキがどこかで見たような表現をそのまま剽窃したような表現だよね、すごく頭が弱そう

そもそも法的にとかのたまうくらいだから、ご存知とは思うんだけど、表現の自由って対国家規範でしょ。私人間の問題にどういう根拠で持ち込んでんの?
19:名無しさん
貴方は可愛そうな方ですね
他人の意見に批判しか出せない
じゃあ自分は他人に対してどの様なメッセージが残せるのか、とも考えられないのでしょうね
貴方の言葉ほど軽いものはないと思います
20:名無しさん
結局こうやってネットや、テレビで話題になった事が、この本の宣伝になってしまった。
21:名無しさん
法に触れてないのは間違いないが、
作者、出版社、それに携わった者全ては非難されて当然だと思う。
それを販売する者も。

購入者は?
再発防止や更正を学ぶ上で読む意味のある人も確かに居ると思う。
だが、興味本位やメディア等で話題に載る為だけに読んだ…と言うよりは購入した人間も非難に値すると自分は思う。
高い志しが本当にあるのなら商業ベースで出すべきではなかった
これが結論かなと思う。
22:名無しさん
>乙武さんのツイートでは、「批判を向けられるべき」他の対象が具体的に示されていない。

ここ結構重要だと思うのですが、それでも記事の内容は購入者と出版社の構図に持っていくのですね。
もっと様々な議論を誘発するような意図があるような出だしだったのに、
最終的にはただの現状報告になっているのが少々残念で、結局この問題をどう伝えたいのかが良く分かりません。
23:名無しさん
基本的にこの人自分の味方(金くれる出版社やメディア)のためにしか動かないだろ。だからあえて小賢しく中立ぶって対象を明確化しないで、その上で責任の所在の分散化・有耶無耶化を狙っているんでしょ。
24:名無しさん
でもやっぱり買った人も少し罪はある。
このような本が売れる、という実績を作ってはならないのだ。
いずれ第2第3の類似本が出てしまう、買ってはダメなんだよ。
25:名無しさん
自分の金で購入するのは自由と言えば確かにその通りなんだろうけど、金を出せば何をやってもいいわけではないと思うね。
大衆の好奇心とか聞くと、日本人の道徳心も劣化してしまったなあと感じる。
26:名無しさん
ほんとにこの事件は特異まれなものだった。こんな形で再び注目されてはいけなかったと思う。
27:名無しさん
見出しで乙武と呼び捨てにしてる辺りJ-CASTの本性が表れてる。
まー、俺もあの人好きじゃないけど記事にするなら敬称くらい付けろよと。
28:名無しさん
あの人偉いなというか感心したのは自分の手足無い事をネタに笑いをとったこと。普通に面白いと思った。前に障害を持つ芸人のネタを見かけてどうしても笑えなかった。
29:名無しさん
いまだに「少年A」と名乗る屑と儲け主義の太田出版が一番悪い。
ただ興味本位で本を手に取ったのもどうかと思うのも確か。

自分は確固たる信念をもって「絶歌」は買わないし
姿勢に非難を覚えるので太田出版の本を二度と買うことはない。
30:名無しさん
太田出版
この会社 倒産するかもね
これで儲けても 他はなにも売れない
客離れは間違いない
毎日 会社にクレームが鳴りっぱなし状態
社員も恐ろしくて仕事できないと思うよ
担当責任者なんて 街歩けないだろう
いつ刺されても不思議じゃない
出版した責任は 凄いとおもう 
早めに回収すべきだよ ホント危ないよ
31:名無しさん
狂人の心理を知りたいと言わば研究対象として純粋に読みたいやつ
自分の子を同じように育てないためのヒントが隠されてるんじゃないかたと期待したやつ
ホラー映画と同じ興奮を求めたやつ

いろんな奴がいるんだから一括りにできない
一つ目には、傷つく人がいるんだ、道徳心を思い出して欲しいと言いたい
二つ目にはそれを学びたいならこの本じゃないと言いたい
三つ目には現実にあった事件でそれを求める怖さに気付けと言いたい

何れにせよ、著者及び出版社に向けられるべき非難とはまた違う
32:名無しさん
需要があるから供給がある。
経済の基本です。
ですが、いくら需要があっても供給が無ければその物品に対しての問題は起こりません。
ですので、根本の問題は遺族の了解を得ずに出版した『太田出版』にあります。
ですが、購入した一般ユーザーにもある種の責任はあります。
きちんと手続きを経た上での出版であれば問題ありませんが、今回はゲリラ的に出版されて遺族の心をさらに抉りました。
さらに、手記を購入することにより印税として元殺人犯の手に多額のお金が不労所得として入るということです。
これでは、ただの犯罪ビジネスと何の違いもありません。
購入者は自らの欲望を満たすだけではなくもう少し考えて行動してもらいたかったです。
33:名無しさん
販売してる以上買うやつがいるのは当然でしょう。
ただ買ったやつは回りから変人扱いされて当然でしょう。
34:名無しさん
読まないし。
35:名無しさん
印税の使われ方によって意見は分かれると思うけど
読む読まないは他人に制限されることではない。
36:名無しさん
遺族は「世間も結局加害者の味方なのかよ」と思っただろうな
37:名無しさん
本を買うという行為は、殺人犯にカネをやるということ。
腹が立つし軽蔑する。
38:名無しさん
神戸出身です。この事件が起きた時は震撼し
背筋が凍る思いでした。
当時、犯人逮捕で顔写真が出回り週刊誌も顔写真を載せました。
今ほど誰もが手軽にネットを使っていなかった時代でしたが
ネットで顔写真を見た、週刊誌を買ったという知り合いや
事件現場や犯人の家を見に行ったという人もいました。

私はおぞましい物を見てみたいという自分の卑しい気持ちと
人として見てはいけない…という気持ちで揺れました。
結局、自分の心の何かを失ってしまうような気がして
犯人の写真を見ることはありませんでした。

今、この本に対しても同じような気持ちです。
読んでみたいという気持ちと、読んではいけないという気持ちと。
この本を読むことはその人の本性や信念が試されているような気がします。
相当の覚悟がないと読むことは出来ない本だと思います。
39:名無しさん
怖いもの見たさが働いて読みたくなる気持ちは分からなくもない。いくら自分の子供が同じことされたらこんな本許せるか?と自問した答えが明白であったとしてもだ。

しかし、こんな許されざる犯罪者が少年法に守られて大した罰も受けずシャバに出てきて手記が一発ヒットで夢の印税生活なんてハッピーエンドであって良いはずがない。僅かな好奇心から本を買う事でそのような手助けはしてはならない。

誰かが絶歌のおぞましい描写をキャプチャーした画像をネット上にアップしてるからそれを見て好奇心だけ満たしてみては?

そうする事が遺族の回収要請を無視し続ける太田出版や著者に対して出来る精一杯の制裁じゃなかろうか?

これがビジネスモデルとして成り立ったら「あの時は本当にすみませんでした」みたいなタイトルの犯罪者手記が本屋に溢れるかもしれない。
40:名無しさん
話題にすればするほど、被害者家族は辛い思いするな…。
41:名無しさん
少なからず殺人者の生活の糧になったのは確かですね。
被害に遭った子供と遺族の事を考えればくだらない好奇心くらい抑える事くらい出来そうなものだが。
42:名無しさん
本の規制ができない限り、

個々の良識に委ねるしかないのが歯がゆい思い。
43:名無しさん
買う買わない誰が善い悪い、そんな他人の事はどうでも良い。
「自分はどう在るか」これが一番大切な事だと思います。

44:名無しさん
先日のワイドナショーで東野幸治さんが言っていた「読みたくなるから出さないで欲しい」との意見が近いかも。
読む気はないですが、興味が全くないと言うと嘘になる。
自分としては被害者遺族の感情とかよりも単にAや出版社の思うツボになる事の方が嫌です。
45:名無しさん
普通の人間が、猫などの小動物を虐待したり、殺したりしますか?
法の元の名において、素性を隠して好き勝手できるなんておかしい!
マスコミ関係者は、視聴者に問題提起をするだけで、結局は自分たちが率先して読んでいる。
そうして、もっともらしい言葉で、意見を述べているがそのことが本当に正しいと思っていますか?
日本の法律は、明らかにおかしい。
被害者やその家族はプライバシーもないほどに世間にさらされるのに、加害者は名前や素性を変えて生きる自由があるのはなぜだろう?
これを変えていかない限り、同じように苦しみを覚える人たちは無くなることは、あり得ないだろう。
この本を手に取り読むであろう人たち、利益を求めて販売に踏み切った書店関係者の人たちは、大きな責任を背負ったことを忘れないでください!
46:名無しさん
資料という側面もあるかも知れないが、怖いのは「憧れてる」とか、「自分を奴と同一視」してるサイコパス予備軍がこの本を読む事だと思う。サイコパス予備軍の連中には、この本に書かれているであろう、後悔や懺悔の部分は読まないだろうし、読んでも心には届かないと思う。
47:名無しさん
遺族が出版に異論を唱えるのは当然だが、関係ない人たちが元フジのアナウンサーや武田鉄矢を罵倒にも等しい言葉で貶めるのはおかしい。集団心理の怖さを感じた
48:名無しさん
意見の対立すら認めずに自分が思う正義を暴力的に振りかざす人が多すぎる
俺は出版社の言う事にも一理有ると思うけどそう言う人は武田鉄矢みたいに人格攻撃されるんでしょ
出版社どころか書店や読者や一定の理解を表明した有名人をバッシングするのは明らかに理性的じゃない
49:名無しさん
被害者が苦しんでんのに何が理性的だよタコ
それだけ今回の連中のしたことが非人道的なんだろ。ヘドがでるわ。
50:名無しさん
タコ、ヘド……

この件を批判する人たちは感情的にこういう単語を良く使いますね。理性的に反論できないのでしょうか。
51:名無しさん
もしかしたら、自分や自分の家族や友人が、サイコパスの可能性があるかも!?と考えている人は読むだろうね。
また、異常な人の著書を読んで異常だなって感じられたら自分の正常さを確認できるよね。
読む人が全て悪いとは思えない。それぞれ闇を抱えてるんだと思う。
52:名無しさん
「読む人」は悪くないが、「買うヤツ」は悪い、と言うかバカ。
ちょっと想像を働かせれば、売上1億5000万円が「売れりゃなんでもOK」って考える出版社に、1500万円が社会不適合者に渡るって考えられないかね。
結果、人殺したらビジネスになって大金が手に入るって立証させたようなもの。
53:名無しさん
元 少年Aって…
過去の出来事で自分の罪はもう許されたとでも思っているの?

名前出せない時点で、元ではなく 今でもこれからも死ぬまでアンタは少年Aなの!

殺人鬼が作家気取りで書いた本を気味が悪くて読む気もないし、被害者ご遺族が反対しているなら今すぐ回収すべき
54:名無しさん
購入した方々は、悪いとは思いませんが、購入したお金が太田出版や元少年Aに支払われるのがムカつきます。
55:名無しさん
あとがきだけ載せてあったのをみたけど、

この人の育った環境が、
人の命に対してバーチャルな感情しか持てないようになってしまったんなら、

同じような環境にいる子供や、人を、犯罪を犯す前にどうにか変えられるといいのにな

まぁ、この人にどうこう出来るって訳じゃないと思うけど
56:名無しさん
購入者がいなければこんな本は世に出ないわけで、乙武は嫌いだけど買う方もゲスの自覚を持った方がいいんじゃない。
57:名無しさん
この本を出版する際、遺族の了解を得てない事や実名でない事で、ある程度の批判を受け、またそれが大きな宣伝効果になるという戦略だったのでしょう。
太田出版にとっては本も売れて全て予定通り。ホクホクにやついてるでしょうね。
本を買った人に批判はできないけど…
まっ太田出版に上手く乗せられたって事ですね。
58:名無しさん
「絶歌」なんてタイトルが、自分の罪に酔いしれてる感じがして薄ら寒い。
こんなの読まなくとも、他に読むもん有るだろうに。
自分の人生には必要ない。
59:名無しさん
同意です。
私の人生にも全く必要がないので買いません。触りたくもありません。
60:名無しさん
なんだか、ヘンですよね。
被害者に断りなく、
名前は出さず、
ヘンな主張を掲げる出版社。。
なんでもありか。。
時効はなく一生罪を償うしかないのです。。
酒飲んで運転したひき逃げ犯が、
飲む前はふつうだったんですと、
その後に、社会背景や人格形成などを言われても、
だから?となるでしょ。。
この重罪がほんとうにわかっているのか疑問。
本の収益を被害者が受け取ると思うか?
その時点で、浮ついてますね。。
61:名無しさん
書いた人、書かせた人、稼いだ人、読んだ人、稼がせた人。すべて悪いと思う。野次馬根性と被害者家族の気持ちを秤にかけたらどっちが重いかは自明の理。
62:名無しさん
興味がないといったら嘘になる。
けれど、被害者のご遺族気持ちを考え、読まないことを選ぼうと思う。
63:名無しさん
風化させるべき事件ではないが、また、新たな傷口が開き遺族の涙は乾かない。

犯罪心理学的な価値があるというのなら専門家や研究者が利用すればいい。
64:名無しさん
殺人者がビジネスで大もうけ!!
現在整形をし結婚もして子供すらいてる
そして印税がこのままいけば数千万円。
未成年者が一気に金儲け出来る方法を公表するようなものだ。
こいつらは加害者家族はノウノウと暮らしてるのが現実
親も親で本を出筆し多額の印税を手にして一部だけ被害者家族へ手渡したのが現状
加害者も全額渡すわけが無く

新たなビジネスモデルが生まれた
65:名無しさん
印税はかなりの額が入りますよね。罪もない子供たちを惨いやり方で殺した事が、結果として大金を生むことになった。とんでもない前例をつくったよね。
子供の頃、誰かを殺して、大人になったら、それを本にして売れば大金が入る。
少年犯罪の抑制どころか、増長につながりかねないな。
66:名無しさん
乙武氏を支持するよ
元少年A、太田出版はもとより
売る書店もどうかと思うぞ
買う連中も被害者の事を無視してるわけだし
自分が被害者だったらベストセラーになって嬉しいのか?
嫌な世の中になってしまったものだ
67:名無しさん
俺も大嫌い。




オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ 2015/06/18 03:14 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。