スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猫駅長の「たま」が死亡、28日に社葬

1:名無しさん
 猫の駅長として人気を集め、動物駅長ブームの火付け役となった、和歌山電鉄社長代理で貴志駅(和歌山県紀の川市)の駅長、三毛猫の「たま」が22日午後7時10分、急性心不全のため同県岩出市内の動物病院で死んだことが24日、分かった。16歳で、人間なら約80歳に相当する。  既に密葬を営んだ。28日午後12時半から貴志駅で社葬を営む。和歌山県知事も参列する予定。  同社広報担当の山木慶子さんによると、たまは5月19日に鼻炎で体調を崩して以降、療養し入退院を繰り返していた。21日に小嶋光信社長が見舞いに行った時には衰弱して寝ていたが、社長が「来年は駅長10周年をやろうね」と声をかけると起き上がって「ニャー」と返事をしたという。山木さんは「元気そうだったので安心して帰りましたが、まさかこんなことになるなんて」と涙声で話した。  たまは1999年4月29日、貴志駅近くの倉庫の作業員詰め所で飼われていた猫が出産した雌。2007年1月に南海電鉄からの経営移管に伴い、暮らしていた小屋が立ち退きとなったため、小嶋社長の発案で駅長に任命された。主業務は「客招き」。終身雇用で、報酬は年俸としてのキャットフード1年分とされていた。  乗客数の増加・観光へのアピールへの功績から、「スーパー駅長」「ウルトラ駅長」などの肩書がつき、2013年からは“社長代理”の肩書も。県からも「和歌山県観光招き大明神」などの称号を与えられた。社葬は神式で、戒名にあたる諡(おくりな)にも「大明神」と付けられる。  山木さんは「たくさんの方に愛され、猫を超えた神様のような猫でしたが(亡くなって)本当に神様になってしまいました」としのんだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00000124-sph-soci


2:名無しさん
駅に、路線にもたらした影響は計り知れない。
素晴らしい駅長でした。
社葬をやってもらう猫なんて記憶にないが
それだけのことをたま駅長はやったと思う。

ありがとう、たま駅長。
3:名無しさん
ひとつの時代が終わったわ
4:名無しさん
お疲れ様でした

/)`;ω;´)
5:名無しさん
ご苦労様でした。安らかに・・・
6:名無しさん
「たま駅長」16歳か。天寿を全うしたのだな。
文字通りの貴志川線の「招き猫」だったと思います。
2008年夏に貴志駅に行ったことが有ったが、旧駅舎の改札口で三つ指ついて降車客をお出迎えしてくれた姿を思い出します。その時に触らせてもらったが、おっとりしている性格か初対面の私にも物怖じしてなかったのを思い出します。
そんな性格だからみんなを癒し、みんなに愛され、結果として廃線寸前の貴志川線の救世主になれたのではないでしょうか。
小生、その時の取った写真や投稿されている動画を見ながら在りし日を忍びたいと思います。
寂しいけど…ゆっくりと休んでください。ありがとう。
7:名無しさん
あいかわらずお元気ということだったので、急な話で驚きました。たしかに沢山のお客の相手をすることは激務だったと思いますが、お陰で貴志川線は廃線の危機から救われました。まさに大明神の名に似つかわしいですね。これからは「ニタマ」が頑張ってくれるでしょう。長いことお疲れさまでした。
8:名無しさん
長い間お疲れ様でした
9:名無しさん
南海時代は田舎の終着駅という風情で寂しい駅だったが、タマが来てからというものあれよあれよと観光客が押し寄せて駅舎もネコ型の立派な物になった。
タマこそリアル招き猫でしたね。お疲れさまでした。
10:名無しさん
たま駅長が、和歌山電鉄にもたらした利益、そして電車のお客に与えた喜びは、計り知れません。
ご冥福をお祈りいたします。
11:名無しさん
見に行こうと思ってHPみたら鼻炎で代わりに違う猫と
なっていた。
復帰したら見に行こうと思ってたら…。
一度会いたかったです。
安らかに…
12:名無しさん
もう大分お婆ちゃんになっていたから気にしていたが・・・

ところで、7時のNHK全国ニュースでこれをやらなかった。関西ローカルではやったが。このへんがNHKの駄目なところ。国際的に注目されている猫であることを知らないのか。たま目当てに外国人観光客が増えたのだぞ。
13:名無しさん
Yahoo!のカテゴリは「地域」じゃなく「国内」「エンタメ」
この扱いはNHKより素晴らしい。
14:名無しさん
マジか・・・・・

ご冥福をお祈りします・・・・・
15:名無しさん
猫にとってはストレスになるような環境でよく16歳まで・・・

お疲れさまでした、安らかにそしてゆっくりと休んで下さい。
16:名無しさん
本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
17:名無しさん
よく頑張ってくれただろう。

鉄道の活性化のいい見本でもあったと思う。
18:名無しさん
16歳では、大往生と言ってもいいですね。
有難う、ご苦労様でした。
19:名無しさん
世界的なニュースになるかもね。
話題で外国人観光客いっぱいきてたから、世界中の人から「お疲れ様」の言葉で弔ってあげてほしいですね。
20:名無しさん
残念です。
でも個人的には毎年行こう行こうっと思っていて今年ようやく
会うことができたのが良い思い出かな?
21:名無しさん
たまよ、安らかに、、我が家の猫も高齢だから、置き換えるだけで泣ける。
22:名無しさん
来る日も来る日も、観光客の相手。ストレスにならない訳がない。
たまは幸せだったのかな?
23:名無しさん
「終身雇用で、報酬は年俸としてのキャットフード1年分とされていた」って、一見「すげー!」と思ったけど、よく考えたら生活の衣食住の食が必要十分な量もらえるってだけのことだね(笑)。年俸、つまり1年間の報酬が食べ物1年分だもん。ま、猫だから衣は購入不要だし、住は駅に住み込みで家賃本人負担なしで、終身雇用保障とくれば、幸せだったかな?(笑)
それはともかく、猫と一緒に生活したからわかるけど、人懐こくあの美貌を保ってマスコットとしての職責を全うなんて、どの猫でもできることじゃない。彼女の人柄というか猫柄のなせる技だったことは間違いない。お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。
24:名無しさん
あまりに悲しい訃報で寂しいですが、本当にお疲れ様でした。
たま駅長のご冥福をお祈りいたします。本当にお疲れ様でした。


あと、こういうときに言うのもなんだけど、ただ死亡とか死ぬじゃなくて、「お亡くなりになられる」とかもうちょっと丁寧な言葉を各新聞記者どもは使えないかな~猫だからってそういう言葉はいくらなんでもないわ。
たま駅長の和歌山電鉄への貢献度は計り知れないものやねんから、もう少し敬意というものを表すべきやわ・・・
25:名無しさん
本当に本当にお疲れ様。
幸せに猫の天国で暮らしてください。
あなたのもたらした功績は本当に偉大でした。
26:名無しさん
何度会いに行ったことか。
あれだけ大勢に囲まれても堂々とした姿はまさに駅長、社長そのものです。
あなたのおかげで、これからも和歌山電鉄は大勢の人で賑わうはずです。
長い間ありがとう!!
27:名無しさん
たまの功績は計り知れないものがあると思います。

お疲れさまでした、ゆっくり休んでください。
28:名無しさん
たま駅長、お疲れ様でした<m(__)m>
29:名無しさん
ねこが好きになったきっかけがたま駅長でした。

ありがとう、たま駅長。
ご冥福お祈り申し上げます
30:名無しさん
ご冥福をお祈りします。
天国でもみんなを癒してください。
おつかれさまでした。
31:名無しさん
ご冥福お祈りします。
他記事に16歳祝いの写真が使われているけれども、さすがにまったく年をとりすぎた顔をしてるね。
32:名無しさん
昭和がまた遠なるわ
33:名無しさん
残念
新しいの買ってこよう
34:名無しさん
安易に新しいネコ駅長を連れてきたりするのだけは避けてほしい
35:名無しさん
もうあと継ぎは居るけどね
36:名無しさん
駅長!!!

地元から正味8時間かけて見にいったよ。
ガラスばりの小屋でずっと寝てたけど。
そのうちにぬいぐるみが接待してくれた。
また、いつか会いにいくつもりだったのに。。。
寂しい。
37:名無しさん
ううっ・・・。
天国の駅から見守ってね・・・。
今まで有難う・・・。
38:名無しさん
2年前の春にたま駅長を会いに行きました。
小春日和の日陰でスヤスヤ寝てました。
弔電を送ります。
合掌
39:名無しさん
「人間」でも社葬は限定されている、「動物」で社葬とは、さすが経営立て直しただけあるなあ~、南無・・・・・・。
40:名無しさん
にゃんご!にほっこりさせてもらったものです。
ありがとう。安らかにね。
41:名無しさん
社葬ですか???
ここまでくれば笑っちゃいますね!!!
42:名無しさん
お疲れ様でした。

口癖だった「ニャンとかなる!」「今日もニャ本晴れだ!」や
地方からの新入駅員に「ニャまりを直せ!」が懐かしい。

これからは専務のニャ助が昇格するのかね?
43:名無しさん
16歳、人間でいえば80~90前後、長生きしたね、大事してもらっていたようです・・・猫侍の玉の丞ことあなごさんも同じ歳だ。
44:名無しさん
神格化の大明神って…
秀吉級の待遇じゃないのかな(笑)
正一位稲荷大明神のキツネに
とうとう猫が肩を並べることになるとは…
スゲー!
45:名無しさん
和歌山電鐵もこれからが正念場だな

後継ぎのニタマ駅長がどこまでやれるか…
46:名無しさん
本当の駅長が死んでも社葬にはならんだろうな。
47:名無しさん
みんなに愛されたと思うが、観光客も多い分ストレスもあったんじゃないかな?
猫は気ままなのを好むしね。
とにかく安らかに眠ってほしい。
48:名無しさん
お疲れ様でしたにゃ~。
ネコ好きにはとても残念な事です。

天国へ行ったら天国駅の駅長さんになってね。
自分が天国へ行く時にお出迎えしてください。
49:名無しさん
南海から経営を切り離された後に、貴志川線を盛り上げた陰の立役者。社葬になるのも当然の事。お母さんのミーコの許で、ゆっくりと休んで欲しい。ウルトラ駅長、お疲れ様。あと、たまの功績を受け継ぐ意味でも、「たま電車」を末永く、運行を続けてほしい。
50:名無しさん
ココ最近、ふとたま駅長の事を思い出す事もあって、もう結構いい歳こいてんじゃないのかと思っていたがやはりそうだったか。
犬猫の寿命は実に短い、人間の5倍ぐらいの早さで生きているようなものか。
51:名無しさん
たかが猫一匹で大げさすぎない?
52:名無しさん
その猫一匹のおかげで和歌山電鐵の今がある。
口を慎め!!
53:名無しさん
無理やり変な格好させられて、大変なストレスがあった事と思います。
あちらでは、どうかストレスのない暮らしを送ってね。
54:名無しさん
社葬か、すごいな




オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ 2015/06/24 19:58 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。