スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界の約半数が「今後中国が米国に代わる超大国になる」と回答、中国への好感度は日本が最低―米シンクタンク

1:名無しさん

2015年6月26日、中国新聞社によると、アメリカのシンクタンク「ピュー・リサーチセンター」が行った世論調査の結果、世界の約5割、中国では約7割の回答者が「中国は米国に代わる超大国になる」と回答した。【その他の写真】調査は世界40カ国の成人、計4万5000人に対し、米国と中国についての見方を聞いたもので、世界全体では米国を好意的に見ている人が69%、中国は55%と、いずれも半数以上が好意的に見ていることが分かった。 中国を好意的に見ているのはアフリカと南米諸国に集中しており、アジアでは評価が二分している。中国に対して好意的な回答の割合が高い国はパキスタン(82%)、ガーナ(80%)、ロシア(79%)で、最も低いのは日本(9%)だった。 「中国は米国に代わる超大国になっている、あるいはこれからそうなる」と考えると回答した人の割合は48%で、「そうとは限らない」と回答した割合を上回った。27カ国で、中国は米国に代わる世界最大の経済大国になると考える人が多数を占めており、その傾向はEUで最も高かった。「そうならない」との回答が多数を占めたのは、米国、インドネシア、フィリピン、日本、ベトナム、ブラジル、ウガンダだった。 中国では67%が「中国は今後米国を上回る超大国の地位に立つ」と回答した。オーストラリアとフランスでもそれぞれ66%が同様の見方をしている。 また、中国では50代以上で3分の1が米国に好意的だが、18歳から29歳の若者ではこの割合が59%に達する。同様に、米国では若者の55%が中国に対して好意的だが、50歳以上ではこの割合は27%にとどまった。これについて、記事は「米中の若者は年長者よりも偏見が少ない」と伝えている。(翻訳・編集/岡本悠馬)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000066-rcdc-cn


2:名無しさん
一時的になるかもしれん。
しかしどうだろう、圧倒的なモラルの低さ、今までの歴史から考えて、50年以内に分裂する可能性のほうが高いと思う。
3:名無しさん
人口は今でも超大国。

好感度は低い、共産党独裁国家。
国民は民主化を望んでいるが、それを許さぬ共産党。
4:名無しさん
民主化すると,その可能性はある.
今のままだとダメだね.
5:名無しさん
多分なくなるような気がする・・・・。
6:名無しさん
ま、先のことだからな。中国が満足ならその結果でいいんじゃないのかな。超大国といってもいろいろあるし、嫌いな日本に好感度を持たれても嬉しくないだろうしさ。
7:名無しさん
この信頼感のなさはすごいですね・・・。
8:名無しさん
先進国以外の回答でしょう。お金欲しいからね。
9:名無しさん
今の体制下じゃ無理だけどって言葉を省いて報道してない?
10:名無しさん
>「米中の若者は年長者よりも偏見が少ない」

いえ、偏見では無く、アメリカの若者が事実を知らないからだと思いますよ。
11:名無しさん
5割の人が的中する賭けなんて成り立たないよ(笑)
12:名無しさん
知らないって…怖いねぇ~~~w
13:名無しさん
汚染超大国だけではダメですか。
14:名無しさん
はいはい、勝手に高感度を上げてください。
日本に勝つだの負けるだの気にせずに。
そしてどうぞお幸せに。
我々はあなたたちに興味がありませんので。
15:名無しさん
出る杭は打たれる。
16:名無しさん
わからんけど、無いと思うな。
ロシア、ブラジルなどの大国ですら軒並み伸びない。
常識やモラルに欠ける中国が世界の中心になれるとは思えないな。
17:名無しさん
アメリカは、世界の警察たらんとした。誤りや横暴も多かったが、紛争解決などに一定の役割を果たしもした。中国に、それが期待できるのだろうか?気があるなら、まず手始めにIS潰しでもしてくれ。
18:名無しさん
今まで、今でも、さんざん無理難題悩まされてるからね。尖閣も。
19:名無しさん
ダマされてますねぇ。
20:名無しさん
ハッタリにダマされないでね。
しょせんは張子の豚です。
21:名無しさん
いろんな超大国があるからね…
22:名無しさん
半島のタカリスタンとユスリスタンは完全に蚊帳の外じゃないっすか。
かまってやらないと、またミサイル撃ったり、反日火病が激しくなるから、もう少し取り上げてやって下さい。
23:名無しさん
己が独裁共産国家と言う事を忘れたみたいだな。
旧ソ連すら超大国に成り損ねたのに、ましてシナがなれるわけ無いよね。
まあ、歴史は繰り返すだろ。
まさか武力を使っての超大国願望なら、コテンパにやられて国家分散が待っているだろ。
24:名無しさん
昔々、眠れる獅子は、張り子の虎でしたね。
今も変わらず、張り子の虎
せいぜい背伸びしておいてください。
25:名無しさん
ないない!!絶対に有り得ない!!
もしそうなったら地球は滅亡する。
26:名無しさん
9割の貧民層とバブル崩壊によるゴーストタウン、建築会社に投資して金が帰ってこないと嘆く人民を無視して、一割しかいない裕福層だけ見ればそんな錯覚ができるのかもしれない。
27:名無しさん
それでいいのか?
と問いたい。
地球の歴史を終わらせるのか。
28:名無しさん
特アの記事ほど、信用出来ないモノはない・・
29:名無しさん
株安止まらず。
中国経済は逝ったんじゃないかえ。
30:名無しさん
断言する、あり得ないよ。
残念ながら理由は山ほどある・・・まあ、見てるといい。
31:名無しさん
たぶん中国人が一番よくわかってると思うよ

国内に問題が多すぎるし経済成長が鈍ってるんだからさ
32:名無しさん
只たんに中国の本質を知らないだけでしょう、アフリカは金のバラマキが凄いらしいですし、米国なんて日本の事ですらまだまだ理解不足が大きいですからね、ここに来て米国の政権も少しは理解して来た様ですが,もう手遅れかも。
33:名無しさん
遠くから見てるだけでは、わかるまい
34:名無しさん
独裁国家のような中国がTOPに立つと思うと怖いような!!!
35:名無しさん
確かに数値は明らか

過去の歴史での繰り返しは潰されてる。

歴史は繰り返される中国とは。
36:名無しさん
「米国を上回る超大国の地位に立つ」前に経済が破綻するのでは?
37:名無しさん
そうかもしれないが、その前に終わりも見えてきてるような気がするが…?
38:名無しさん
超大国は他人の敷地は俺のものだと堂々と主張しない。
39:名無しさん
中国が大国らしい懐の深さを身につければそうなることもあるかもしれないが、品が悪すぎる
40:名無しさん
そうですね、今後中国は米国に代わる超大国になるのは確実ですね、

中国国内の高齢者が全人口の三分の二に成るのも時間の問題ですからね。
貧困層は既に10億人以上の中国、毎年2500万人が65歳以上の高齢者の仲間入り、国内の高齢者数既に日本の人口の二倍強。

インフラ整備よりも遅れている福祉対策。

41:名無しさん
まぁ、見ていなさい。この独裁体制がいつまで
も続くわけがないでしょう。かならず崩壊します。

そうなれば、こんな数字は意味がない。
42:名無しさん
日本での、好感度が低いのは当然です。
お互いに嫌ってるんだから仕方がないこと。
各国とも、随分と甘い見通しだね、このままの状態を維持していけると本気で思ってるの?
ギリシャの影響を受ける前に、一部で株価暴落が起きてるのに。
AIIBも設立と同時に、破綻しなきゃ良いけどね。
43:名無しさん
プロパガンダ乙。
今の社会構造では無理だと思うよ。
なってほしくもないけどね。
44:名無しさん
米中の若者は年長者よりも偏見が少ない

ただ、小僧はバカと言う事。人の物は自分の物・自分の物は自分の物、食品偽装は当たり前、軍事力ですべて解決、インターネットは使えなくなる、すべて盗聴される。後で気が付いても遅い。ハワイは中国の物と平気で言ってくるぞ。
45:名無しさん
まあ、先進国になれない事は、
隣国に住んでいると、よく分かりますよ。
46:名無しさん
野望としては見えている。

実現は不可能だろうけどねw
経済崩壊と分裂、国の崩壊などが先。


47:名無しさん
世界中が中国を食い物にしてるだけで、需要がなくなれば元の中国に戻るような気がします。

国民を大事にしない国は繁栄しないと思います。
48:名無しさん
人数多いからそうなるのも仕方ない。アメリカは中国人を知らんから悠長なことを言っているだけ。日本は、別に世界一の大国になろうとしていないのだから、いちいち比べないでいいのにね。
49:名無しさん
無理だろうな。
世界第2位の経済大国が為替も経済の完全自由化もできない。
中国と韓国は必ず対等な条件では対話も競争もしない。
世界各国もそんなに甘くはないさ。
50:名無しさん
世界の終わり




オススメ人気記事


他サイト最新記事


ガジェット×ガジェット 2ちゃんねるまとめ
[ 2015/06/29 22:55 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。