板野友美「嵐を呼ぶ女」と自虐

1:名無しさん

 元AKB48で歌手の板野友美(23)が1日、新曲「Gimme Gimme Luv」を発売、それを記念して鎌倉・由比々浜の海の家「MILK CAFE」で、TOKYO FM「板野友美のうた女」(土曜、深夜1・00)の公開収録を行った。【写真】板野、せっかくの水着姿披露も… 夏を感じるのに絶好のロケーションで、ピンク系のビキニを着用してきたが、強風に雨というトホホな空模様。前々作シングルの発売イベントも雪で延期となっただけに、「まさかの嵐で大変なことになってます。雨女どころか『嵐を呼ぶ女』ですね」と苦笑いだった。この模様は4日に放送される。  この日の板野は髪をアップにし、腰にピンクのパレオ、右手薬指と左手中指に指輪、ブレスレット、イヤリングとゴージャススタイルだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000081-dal-ent
[ 2015/07/01 21:14 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

<報道圧力発言>「憲法に反する」鳥越俊太郎氏が強く批判

1:名無しさん

 ジャーナリストの鳥越俊太郎氏は1日、衆院平和安全法制特別委員会で参考人として意見陳述し、自民党の勉強会で報道機関への圧力を求める発言が出た問題について「(表現・言論の自由を定めた)憲法21条に真っ向から反する。非常に危機感を覚える」と強く批判した。  鳥越氏は、特別委での安全保障関連法案の審議に触れ「与党の思うようにならないことをマスコミのせいにしている」と指摘。自民党がNHKやテレビ朝日の幹部を事情聴取したことも「萎縮効果を生んでいる」と疑問を呈した。【飼手勇介】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000069-mai-pol
[ 2015/07/01 20:54 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

新幹線焼身自殺で香港記者「日本の交通の安全は人と人の信頼頼み」・・中国ネット民「オウム事件を忘れたか?」「中には変なヤツもいる」

1:名無しさん

日本の東海道新幹線の車両内で6月30日、放火事件が起き、2人が死亡、26人が重軽傷を負ったことをめぐり、香港の衛星テレビ局・鳳凰衛視の駐東京首席記者を務める李ミャオ氏が1日、中国版ツイッター・微博に「日本の公共交通機関の安全は全て、人と人との信頼に頼っていると思う」と指摘する書き込みをし、中国インターネット・ユーザーたちの注目を集めた。 書き込みはこんな内容だった。 「日本では新幹線に乗る時、荷物検査がなく、普通の列車よりも1回多く、新幹線用の改札を通るだけだ。また、中国人は驚くだろうが、日本では飛行機に乗る時も普通、身分証を提示しなくて済む。個人的には、日本の公共交通機関の安全は全て、乗客の中に危ない人がめったにいないこと、そして人と人との信頼によるのだと感じる。こういうのを平和ボケと言うのだろう」 この書き込みに中国ネット民たちから集まったコメントを拾ってみる。 「オウムの事件を忘れたのか?」 「そんなことだから、事件が起きた。どんなに日本人の民度が高くても、中には変なヤツもいる」 「これが自分たちを信じた結果」 「こんなことが起きるのは世界でも日本だけ。中国ではあり得ない」 「荷物検査はした方がいい」 「日本にずっと住んでいると平和ボケになってしまう。だから年に1回は海外に行く」 「新幹線の車両が燃えない設計だったから、たくさんの人の命が助かった」 「中国の地下鉄の荷物検査って、面倒だけどね」 「こういう日本社会の文化からみると、釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)が戻って来るのももうじきだな」 「日本もいいけど、夢がない」 「人と人の信頼関係って、たくさんの国のお手本になると思う」 「日本は嫌いだけど、民度は確かに中国より高い」 (編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000045-xinhua-cn
[ 2015/07/01 20:33 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

萩原流行さん妻「着せられた汚名そそぎたい」 刑事告訴も検討

1:名無しさん

 4月22日にバイク事故で死去した俳優、萩原流行(享年62)の妻で元女優のまゆ美さん(62)が1日、東京都内で会見。事故の報道で夫の名誉が傷つけられたとし、「萩原流行の名誉回復が一番の願い。着せられた汚名をそそぎたい」と涙声で訴えた。  先月に続き、2度目の会見を開いたまゆ美さんは、亡くなる4月まで何十年も愛用していたという萩原さんのジャケットを羽織って登場。「きょうは私がこれを着て、萩原と一緒に来ました」とほほえんだ。  先月の会見で警察への不信感をあらわにしていたが、今回は2013年1月に流行さんが運転した乗用車が自転車と接触した事故当時から“疑問”を抱えていたことを告白。当時、荻窪署が2度現場検証したが、その後検事による現場検証が行われ、刑事事件にはならなかったという。まゆ美さんは「刑事罰も罰金もない。点数も引かれていない」と主張し、「荻窪署が面目をつぶされ、大恥をかいた」と説明した。  その後、2014年10月に乗用車を運転中、50代男性に後ろから接触し、そのまま走り去った事故が、半年後の今年3月24日に書類送検されたが、その際に13年1月の事故が報道されたことに「私としては警察の意図で、荻窪署の逆恨みだと思う」と声を震わせた。  「俳優、萩原流行という名前が、今年の3月から4月の1カ月足らずの間にめちゃくちゃにされてしまった。本人も腹が立っているのは確かだと思う」と亡き夫の無念も吐露。同席した堀内稔久弁護士は、「(3月の報道を)当て逃げと言われ、萩原さんも生前、名誉回復のため損害賠償などを行う準備を進めていたが、その間に死亡事故が起きてしまった」と明かした。  また、6月24日に流行さんの死亡事故について、杉並署から「警察車両(護送車)の安全確認不足」と否を認める説明があったが、この日、護送車を所有する高井戸署の署長からまゆ美さんに謝罪の申し入れがあったことを告白。また、流行さんを引いた乗用車の運転手とは先月1日に面会したといい、賠償金を払う方向で話が進んでいる。  まゆ美さんは今後について「公判、控訴は早くても秋になるので、今回の会見は前半戦の最後として区切りをつけたかった」としばらくは静観する構え。死亡事故の捜査について「とにかく真実を示してもらいたい」と繰り返し、納得がいかない場合は刑事告訴も考えているという。  まゆ美さんは自身の“闘い”について「明日は我が身かもしれない。お互いに助け合いましょう」と世間に訴えていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000543-sanspo-ent
[ 2015/07/01 19:53 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

新幹線放火事件、「迷惑」と言って何が悪いのか ネット上に巻き起こる芸能人「不謹慎」批判

1:名無しさん

 東海道新幹線「のぞみ」に発生した焼身自殺事件が、ネット上で思わぬ余波を生んでいる。事件の影響で足止めされた有名人がネット上に書き込んだ「迷惑」の一言が、「不謹慎発言」として拡散されてしまったのだ。「めちゃイケ」を襲った不謹慎騒動 事態を受けて書き込みを削除した芸能人もいる一方、そうした批判に冷ややかな目を向けるネットユーザーも少なくない。 ■「人が死んでるんだぞ」   2015年6月30日午前、神奈川県小田原市を走行中の東海道新幹線「のぞみ」に火災が発生し、焼身自殺を図った男性含む2人が死亡した。JR東海は30日、東海道新幹線の上下線106本に遅れが生じたと発表している。  仕事のため新幹線を利用していた有名人も少なからず事故の影響を受けたようだ。ツイッターやラジオ番組では、タレント・森脇健児さん、さかなクン、歌手・清水翔太さんなどが一定時間足止めされたと明かしている。  AKB48の飯野雅さんも同じく新幹線の中で足止めを食らっていた。30日12時50分ごろ、トークアプリ「755(ナナゴーゴー)」で新幹線が止まったと報告、スケジュールが狂ったのか、「私服だし着替えていきたいのにー」と不満をもらした。しかし、次の投稿にネットユーザーは色めき立つ。   「(遅延の)理由知ってるけど、迷惑だよー」  ごく普通の感想に見えるが、まとめサイトなどが即座に「不謹慎発言」として拡散した。その中では「人が死んでるんだぞ」「言ったいかんことくらい分かるやろ」などと非難の声が寄せられている。事態に気付いたのか、飯野さんは素早く投稿を削除し、その後何事も無かったかのように「うごいた!うごいた!」と経過を報告し続けた。  一方、「別に何の問題もないでしょ」「何で言っちゃダメなの?」と、まとめサイトの見方を疑問視する人も多い。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000002-jct-ent
[ 2015/07/01 19:33 ] ニュース | TB(0) | CM(0)